損害保険の鑑定情報の全て丸裸にしていきます

自宅の屋根材がパミールだったときの対処法

皆さんは「パミール」という屋根材を耳にしたことがあるでしょうか。実はこのパミール、かなり話題になった屋根材です。パミールを製造しているのはニチハという会社ですが、このパミールは思わぬ事故につながる可能性のある屋根材として、多くのメディアで取り上げられました。

 

パミールの何が問題なのか。端的にいうと、適切な施工が行われていないとほかの屋根材と比較して雨水の浸入の確立が高い素材ということです。雨水が住宅の中に浸入しやすいということは、それだけ住宅の内部を傷めるリスクの高い屋根材ということです。結果的に、屋根のみならず天井裏や基礎部分などをリフォームすることになり、多大なコストがかかってしまいます。

 

まずは、自宅の屋根材にニチハのパミールが使われているかどうかをチェックしてみてください。もし、パミールが使われていたとしたら今回の記事を参考に対処していきましょう。

 

パミールが使われていた場合は注意が必要

 

屋根のリフォームを行っている業者によると、もともとの屋根材にパミールが使用されているだけで緊張感が違うといいます。というのも、パミールはほかの屋根材と扱い方が変わってしまうからです。業者が屋根の塗装などの工事の見積を出すためには、現場で屋根の上に上ることになります。

 

普通の屋根であれば屋根の上で細部のチェックをすることになるのですが、パミールの場合、屋根に上ることで状況が悪化してしまうリスクがあるので、そう易々と屋根に上ることすらできません。そのため、パミールの工事を依頼する業者の選定も、大きなポイントとなります。

 

とはいえ、多くの依頼主は自宅の屋根の素材が何かがわかっていません。例えば、新築時に見積にはしっかり記載されているかと思いますが、数年が経過すると忘れてしまうものです。もしパミールを使用している場合は、塗装によるメンテナンスは不可能となってしまいます。

 

なぜ塗装によるメンテナンスが不可能なのか…それはパミールの特性によるものです。パミールはスレート瓦の一種で、「抄造法」という加工方法で作られます。これは、原料を混ぜて和紙を漉くように一枚一枚重ねていき、それを圧縮して水分を抜いて固めるという方法です。

 

その後整形し塗装を施し出荷されるわけですが、重ね合わせた部分の密着が弱く、重ね合わせた部分が端から剥がれていくことがわかっています。この現象を「層間剥離」と呼ぶのですが、層と層が剥がれてしまうということは、そこから雨水が浸入することを意味します。そして雨水によって劣化したパミールは、層がめくれたり剥がれたりして、最終的には強度が落ちひび割れが発生します。

 

これが施工して数年後に起こってしまうのが、パミールの不具合でメディアでも大きく報道されました。ひび割れを放置しておくと、パミールは完全に割れて屋根から落下してきます。その時に、たまたま屋根の下に人がいたら…大けがを負ってしまうことでしょう。

 

パミールの施工に慣れていない業者にこの状態で屋根の塗装を依頼してしまうと、高圧洗浄によりパミールがさらに傷つきボロボロになってしまいます。また、パミール自体に再び塗装をしたとしてもすぐに層間剥離が起こり、塗装の効果はなくなってしまいます。層間剥離が起こっている状態で塗装をしてもまったく意味がないので、ほかの方法で修理することになります。その方法については後述します。

 

パミールが販売された理由とは

 

ここで、パミールが販売された背景を見ていきましょう。パミールは1996年から2008年の間に販売された屋根材で、屋根材にアスベストの使用が法律で禁止されたタイミングと重なります。

 

アスベストは高い粘着性を持っていることから、建材の強度を確保するための素材として重宝されていたのですが、健康被害が相次いで報告されたために、建材としての仕様が禁止されてしまいました。その代替製品として使用されたのが、ノンアスベストのパミールでした。

 

パミールの販売会社であるニチハは、外壁材の最大手メーカーとして有名ですが、屋根材のマーケットではシェアが低く苦戦していました。そこでニチハがマーケットに投入したノンアスベストのスレート瓦の第一号がパミールでした。外壁材とノンアスベストの屋根材をセットで販売することでシェアを獲得する戦略で、多くの住宅にパミールは普及していきました。

 

ちなみに、この時期は他社もノンアスベストの屋根材の開発を余儀なくされました。しかし、ここで大きな問題が発生します。パミールの層間剥離によるトラブルが多発し、社会問題となってしまいました。しかも、ノンアスベストの屋根材の中で多くの不具合が顕著に出てしまったのはパミールだけだったのです。

 

なぜこのような不具合が起こってしまったのか…それは、アスベストを使用した屋根材が禁止され、メーカーはノンアスベストの屋根材の開発に追われたわけですが、十分な開発時間が得られずに長期に渡る使用の検証が不十分であったのではないかと考えられます。

 

冷静に考えると、ノンアスベストの屋根材の検証時間などあるわけもなくマーケットに投入されたわけですから、当然の結果ともいえます。しかしながら、すべてのスレート瓦が不良品であるわけではなく、現在も十分な耐久性を備えたスレート瓦もたくさんあります。

 

パミールの不具合について、ニチハは製造責任を否定するスタンスを取っています。屋根本体の不具合は、あくまで経年劣化によるものといった方向です。その背景には、一度パミールのリコールを認めてしまうと損害賠償責任が重くのしかかってきてしまうからです。一般的に、スレート瓦のメーカー保証は2~5年程度なので、建築後10年が経過してから不具合を発見しても補償されないケースがほとんどです。

 

パミールのリフォームの種類

 

上述の通り、パミールのメンテナンスは塗装では不十分です。そこでリフォームする方法として、「カバー工法」と「葺き替え」を紹介しましょう。

 

パミールのメンテナンス①カバー工法

 

カバー工法については、「直接下葺き材張りカバー工法」と「野地板増し張りカバー工法」という2種類があります。

 

  • 直接下葺き材張りカバー工法

直接下葺き材葺き張りカバー工法とは、パミールの上に下葺き材となる防水シートと新しい屋根材を重ねて張る工法で、パミールの劣化が進行していないケースに採用されます。最近では下葺き材に粘着式のものを使う工事が増えています。

 

粘着式の下葺き材はシートの裏側が粘着シールになっていることから、施工がしやすく雨水も浸入しづらいというメリットがあります。また、劣化したパミールをシートで押さえつけるようにして貼っていくので、屋根全面を一体化させ強度を確保することもできます。

 

  • 野地板増し張りカバー工法

野地板増し張りカバー工法とは、パミールの上に野地板と呼ばれる合板を貼ってから、下葺き材と新しい屋根材を張る工法で、パミールの劣化が激しい場合や下地にまで悪影響が及んでいる場合に採用されます。新しく野地板を貼るということは時間も施工費もかかりますし、屋根全体の重さも増えてしまうため、パミールが全く役に立たなくなっている場合にこの工法でメンテナンスを行います。

 

カバー工法でおすすめの屋根材とは

 

パミールのメンテンナンスでカバー工法を採用する場合、新しく貼る屋根材としてニチハはアスファルトシングルの「アルマ」という製品を推奨しています。もちろん、ほかの屋根材によるカバー工法も可能です。アスファルトシングルのほかには、成型ガルバリウム鋼板やガルバリウム瓦棒などのガルバリウム系の屋根材や、石粒付き鋼板などが使用されます。

 

パミールのメンテナンス②葺き替え

 

パミールの劣化が著しく進んでしまっている場合は、葺き替えを行いことになります。文字通り、屋根材をすべて取り換えることになりますので、パミールを全面的に撤去して新しい屋根材に葺き替える工法です。もちろん、葺き替えにはパミールの撤去費用も発生しますので、カバー工法よりも1.3~1.5倍のコストになることを覚悟しておきましょう。

 

葺き替えでおすすめの屋根材とは

 

パミールの葺き替えでは、成型ガルバリウム鋼板を使用されることが多くなっています。この成型ガルバリウム鋼板は金属屋根メーカーが製造しているもので、リフォームで使用してもメーカー保証が得られることから多くのリフォームで使用されています。最近のメーカー保証の主流は、25年の穴あき保証となっています。

 

パミールの修理は葺き替えとカバー工法のどっちがよい?

では、パミールの劣化が激しい場合は野地板増し張りカバー工法と葺き替えのどちらを選べばよいのでしょうか。パミールの製造会社であるニチハは、下地にまで影響が及んでいない限りはカバー工法によるリフォームで十分との見解を示しています。

 

ただし、屋根全体が重くなり住宅の基礎部分に負担がかかることを考えると、予算に余裕がある場合は葺き替えをセレクトすることをおすすめします。どちらの方法で迷った場合は、2種類の見積を作ってもらって、比較検討して決めましょう。

 

パミールの工事を発注する際の注意点

 

パミールの工事を発注する際の注意点として、まず挙げられるのが「相見積」を取ることです。この相見積はパミールに関わる工事に限ったことではないのですが、少なくとも3社から相見積を取ることが望ましいとされています。相見積を取ることでその工事の相場がわかりますし、どの業者が真摯に工事に向き合ってくれるかがわかってきます。

 

相見積を取るときは「今回の工事は相見積を取っています」と明かしてしまってもよいでしょう。こういうプレッシャーをかけることで、業者も変なごまかしがきかないことがわかりますので、適正な見積を出してくる確率が高くなります。

 

ただし、パミールのメンテナンスに限っていうと、価格競争になりそうな時に「塗装」を選択してくる業者は避けた方が良いです。3社に見積を取って2社が「塗装」を選択してきた場合は「塗装でも大丈夫なのでは?」と思うかもしれませんが、パミールのメンテナンスで塗装という選択肢はないものと考えましょう。見積を見ながら比較検討をする際は、必ずカバー工法か葺き替えで相見積を取ることが大切です。

 

火災保険の活用で修理が無料になる可能性も

 

屋根の塗装工事は、美観の保持と住宅を自然の脅威から守ることが目的です。しかし、パミールに関しては、塗装ではメンテナンスしきれないので、カバー工法か葺き替えをするしかありません。上述の通り、塗装をしたところでまたすぐに層間剥離が起こり耐久性は低くなり、使い物にならなくなってしまうからです。工事中にさらに状況が悪化してしまうケースも考えられます。

 

そこで、パミールの修繕を行う際に強い味方になってくれる可能性があるのが火災保険です。火災保険は、文字通り火事で住宅が燃えてしまったときに補償してくれることはもちろん、雷が落ちて電化製品が壊れるといった「落雷」による損害や、台風で屋根がはがれてしまったといった「風災」による損害など、地震・津波・噴火を除く自然災害による被害も保証してくれる万能な保険です。つまり、このようなパミールの劣化が自然災害による被害だと認定されれば、パミールの修繕工事も保険で賄える可能性があるというわけです。

 

全国建物診断サービスによるホームドッグという方法も

今の家の状態で火災保険を活用できるのだろうか…そう考えている人も多いかもしれません。そのような時は、「ホームドック」で住宅を診断してみるという方法があります。このホームドッグというサービスは、現在の住宅の“健康状態”を知ることができるサービスです。

 

人間でいうところの人間ドックにあたるものですが、住宅を隅々まで調査して破損・劣化状況をチェックしてくれます。このサービスを実施している全国建物診断サービスでは、高い技術力と豊富な経験を持つ一級建築士がチェックを行いますし、全国各地に400店舗以上ありますので、どの地域の住宅でも高いクオリティのホームドッグを行うことができます。

 

火災保険の活用は、慣れている業者に任せることをおすすめします。全国建物診断サービスのように、火災保険を活用したリフォーム工事の実績が豊富な業者が加盟している団体に相談してみるというのもひとつの方法ではないでしょうか。

 

 

 

 

ホームドックのお問い合わせはこちら!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles