損害保険の鑑定情報の全て丸裸にしていきます

棟板金って何?その特徴と塗装方法をご紹介します

「棟板金(むねばんきん)」という言葉は、あまり聞きなじみのない言葉でしょう。これは、スレート屋根のとがっている部分にかぶせる金属の板のことです。この板がなければ、屋根から水が入ってしまい雨漏りの原因となってしまいます。

 

このような大事な役割を持っているにもかかわらず、屋根の一番先にあることあって強風や大雨で壊れやすい部位でもあります。そのため、スレート屋根の住宅においては、棟板金の定期的なメンテナンスを行うことで無駄な出費をしなくて済みます。

 

棟板金の特徴

 

棟板金は壊れやすいという話をしましたが、施工がうまくいっていれば15年近くはもちます。しかしながら、初期の施工不良の場合は5~6年で外れてきてしまうこともあります。自宅の屋根がスレート屋根で、風が強い日に屋根の端でふらふらしている金属の板があったら要注意です。この棟板金が外れてしまうと、雨漏りの原因になり、住宅の中に水が染み込むと天井裏はもちろんのこと基礎部分まで腐食してしまうという最悪の事態につながりかねません。

 

屋根の塗装の寿命は10~15年といわれています。新築の頃と比べて、屋根の色が褪せてきたり塗装が剥げてきたりしていないでしょうか。また、コケやカビが生えたりしていないでしょうか。屋根の美観を損ねると、住宅全体が古ぼけた印象を与えてしまうので、定期的なメンテナンスは必須です。

 

しかしながら、屋根の美観ばかりに気を取られてはいけません。屋根の塗装は美観を保つだけでなく、屋根を守る役割を果たしています。つまり、屋根が劣化しているということは屋根の役割を果たせていなくなってきているということです。これは住宅を雨や風から守ることができなくなっているということですので、雨漏りが起こっている可能性が高くなります。屋根の塗装の際には、雨漏りが起きていないかどうかのチェックもしなければなりません。

 

コロニアル屋根のことも知っておこう

 

棟板金は、スレート屋根の先についているものです。棟板金を知るためには、スレート屋根のことを知っておく必要があります。このスレート屋根の中でも一番有名なのがコロニアルです。コロニアルとは、クボタ松下電工外装株式会社から販売されているスレート瓦のひとつで、スレート瓦の中で最も使用されています。

 

そのため、スレート瓦のことをコロニアルと呼ぶことが多くなりました。コロニアルは、日本瓦よりも軽くて安く、さまざまな色があることから人気を呼んでいます。

 

コロニアルの特徴

 

コロニアルは、成分の85%がセメントで15%が石綿です。2004年までは健康被害が社会問題化したアスベストを使用していました。厚さは4.5mmと薄いこともあって軽く扱いやすい屋根材です。しかもコスト的にも優れていて、色・形状のバリエーションも多いことから、現在の一般住宅で多く使用されています。コロニアルは寒さに弱いので、寒冷地では使用できません。

 

塗り替えの目安は10~15年といわれていますが、屋根は下から見えないので劣化しているかどうかがわかりづらい場所です。そこで、屋根の劣化を示すサインを以下にまとめました。

 

  • コケやカビが発生している

コロニアルの主成分はセメントですので、塗装をしなければ防水性を保つことができません。しかし、経年劣化や自然環境により塗膜が劣化して防水性がなくなってくると、雨水と湿気の影響でコケやカビが発生することがあります。コケやカビが生えたからといってすぐに雨漏りが起こるわけではありませんが、劣化のサインですので早めに対処したほうが良いでしょう。

 

  • コロニアルに反りやひび割れが起こっている

コケやカビが発生したままの状態で放置していると、コロニアルの塗装はどんどん劣化し防水性も下がっていきます。その結果、コロニアルが反ってしまったり、ひび割れが起こってしまったりします。

 

防水性が低下してコロニアルに水分が染み込んでしまうと、急激な気温の変化により水が化学反応を起こすので、コロニアルの内部で大きくなったり小さくなったりすることでコロニアルに悪い影響を与えてしまうため反ったり割れたりしてしまいます。

 

コロニアルの反りやひび割れをそのまま放置をしてしまうと、雨水が浸入しやすくなり、すぐに雨漏りの原因となってしまいますので、このケースでは早急にメンテナンスが必要になります。

 

  • コロニアルが剥がれて落ちてくる

ひび割れを起こしたコロニアルをそのままにしておくと、最終的には割れて屋根から落ちてきてしまいます。コロニアルが剥がれてしまうと、コロニアルの下にある防水材や金具が丸見えになってしまい、大雨が降るとすぐに劣化し雨漏りにつながります。この際、野地板に雨水が浸入するのが一番危険です。

 

というのも野地坂に雨水が染み込むと雨漏りの原因になるだけでなく、屋根の葺き替え工事をする必要があり、かなりのコストがかかってしまうからです。

 

  • 棟板金が浮いていたり釘が抜けかかっていたりする

コロニアルのとがった部分についている金属である棟板金が、浮いているように見えることがあります。これは、棟板金が気温の影響で膨張・収縮することで棟板金を固定している釘を押し出してしまっているからです。

 

この状態を放置しておくと釘が抜けてしまい、棟板金は外れ、もとの部材が剥き出しになっていた…ということもあります。棟板金が役割を果たせないということは、雨漏りのリスクが高くなっているということです。このケースも、早急なメンテナンスが必要です。

 

このように、コロニアルの屋根の塗装時期のサインは明確にわかります。しかしながら、毎日屋根のチェックをしている人はなかなかいないと思いますので、まずは屋根の色あせを気にしておくことをおすすめします。色あせが気になるようでしたら、そのほかの劣化もあるかもしれませんので、専門業者に調べてもらいましょう。

 

コロニアル屋根の塗装方法

 

それでは、コロニアルの屋根を塗装する工程はどのようになっているのでしょうか。一般的には、以下のようなスケジュールで塗装を行います。

 

  • 高圧洗浄

高圧洗浄機を使って、コケやカビ、古い塗膜、ほこり・ごみをきれいに洗い流します。

  • ケレン作業

棟板金の錆・汚れを落とすために、サンドペーパーなどで該当部位を磨きます。

  • 下地処理

反っているコロニアルを交換したり、ひびの入っている部分を補修したりします。

  • 下塗り

棟板金部分に錆止めの塗料を塗り、コロニアル部分にはコロニアル用の下塗り剤を塗ります。

  • 中塗り・上塗り

下塗り剤が完全に乾燥してから中塗り・上塗りをします。中塗り・上塗りの塗料は同じことが多いのですが、下塗りも含めて3度塗りするのが一般的です。

  • 縁切り

上塗りが乾燥してから、コロニアルの小口を塞いでいる塗料を切り離します。この作業の代わりに、下塗り後にタスペーサーを差し込んでおくこともあります。

 

 

棟板金の釘浮きが気になって保険申請したい!でも保険がおりるのかな??詳しくはこちら!

 

 

~ではこれらの作業を詳しく見ていきましょう。~

 

まずは①高圧洗浄から③下地処理の工程です。屋根を含む外壁塗装の世界では、高圧洗浄から下地処理まで準備に一番注力する職人は多いです。この準備をおろそかにすると、塗装の仕上がりが変わってしまうからです。①~③の工程の出来不出来が、塗装の出来不出来に直結してしまうため、その後の工程に影響がでないようにしっかり行います。

 

棟板金はサンドペーパーなどを使用してケレン作業を行います。このケレン作業は鉄部など金属部では必ず行うべきものですが、たまにこの作業を端折ってしまう業者がいるようです。このような業者はほかの工程でも手抜きをしている可能性が高いので、ケレン作業を行うかどうかを必ず確認するようにしましょう。

 

このケレン作業には、汚れやほこりを落とすだけでなく、わざと表面に細かい傷をつけることで、素材と塗料の接着面を増やすことで塗装を密着させるという意味合いがあります。そして、コロニアルの不具合もすべて補修し、棟板金の釘も打ち換えます。ここまでして、ようやく塗装の準備段階が終わったことになります。

 

ここから下塗りに入ります。コロニアルの下塗り剤は、「カチオン系シーラー」や「エポキシ系シーラー」などが一般的で、下地の状態に合わせて、下塗り剤の吸い込みが止まるまで下塗りを行います。シーラーを使うことで吸い込みの均一化や塗装のムラの防止ができるので、中塗り・上塗りをする際の塗料の密着度を高める効果が期待できます。

 

そして、中塗り・上塗りです。下塗り剤が完全に乾燥してから、ウレタンやシリコン・フッ素などコロニアル用の塗料を塗っていきます。下塗り・中塗り・上塗りの工程では「インターバル」と呼ばれる塗り重ねまでの乾燥時間を守る必要があります。

 

このインターバルの時間が速すぎると、塗膜がうまく密着せずすぐに剥がれてきてしまうなどの初期不良が起こってしまいます。このインターバルは塗料や施工の季節によって変わってくるので、職人の腕と勘が物をいいます。この意味において、梅雨時期や真冬のように塗装の乾燥に時間がかかる季節は、外壁塗装には向いていない季節といえます。

 

コロニアルの塗装の仕上げに行うのが縁切りです。上塗り塗料が完全に乾燥してから、コロニアルの小口をふさいでいる塗膜をカッターナイフやスクレーパーで切っていきます。この縁切りを行うことで、「毛細管現象」とよばれる漏水を防止します。

 

これは、屋根材との隙間に湿気が溜まることで屋根材が腐食しやすくなってしまう現象で、縁切りによって劣化スピードを少しでも和らげる効果が期待されます。しかし、せっかくきれいに仕上げた屋根に上りたがる職人さんは少なく、最近では下塗り作業後にタスペーサーを挿入して縁切り作業をしなくて済むようにするケースも増えています。コロニアルの塗装を行う際は、縁切りを行うのかタスペーサーを挿入するのかを確認しておきましょう。

 

コロニアルの屋根の塗装をする際の注意点

 

このような工程でコロニアルの塗装を行うのですが、改めてその注意点を以下にまとめておきましょう。

 

  • ケレン作業・縁切り(もしくはタスペーサーの挿入)が行われているかを確認する

上記の通り、ケレン作業と縁切り(タスペーサーの挿入)はコロニアルの塗装において必須の作業ですので、きちんと施工されているかを確認しましょう。ケレン作業を怠るとすぐに塗装が剥がれてしまいますし、縁切りが行われていないと雨漏りにつながるリスクが高くなってしまします。このような初期不良が起こらないためにも、専門業者としっかり打ち合わせをしてから塗装をしてもらいましょう。

 

  • DIYによる屋根の塗装は危険なので避けるべき

塗装費用のコストダウンのためにDIYで塗り替えを行いたい、と思う人もいるかもしれませんが、屋根の上で塗装を行うということは危険がいっぱいです。DIYで塗装をする際にも足場を設置する必要がありますし、その足場が5mを超える場合は資格が必要になります。これらの観点から、屋根の塗装はDIYはではなく専門業者に任せた方が良いでしょう。

 

コロニアル屋根の塗装費用の相場

 

それでは、コロニアルの塗装にかかる費用の相場はどれくらいないのでしょうか。一般的な一戸建て(屋根の総面積が50~80平方メートル)の場合、25~40万円くらいといわれています。ただこれは一般的な塗料を使ったケースですので、塗料のグレードを上げると金額は変わってきてしまいます。

 

屋根は外壁よりも直射日光を浴びやすい場所ですので、外壁で使用する塗料よりも耐久性のある塗料を選んだ方が長持ちさせられます。最近は屋根の塗料の種類も増えて、住宅に合わせて色も選択できますので、詳しくは専門業者に相談してみましょう。

 

棟板金について知って満足のいく塗装を

 

このように、棟板金の補修・塗装はコロニアルの補修・塗装と直結しています。このコロニアルは屋根材として多く普及しているものですので、自宅の屋根がコロニアルを使用しているかもしれません。コロニアルの塗装の場合は。縁切りもしくはタスペーサーの挿入は必須ですので、必ず業者に確認するようにしましょう。

 

優良業者を選ぶことで、コロニアルの塗装は成功に近づきます。業者のホームページで施工事例や実績を確認することを忘れず、見積を出してもらうときにはケレン作業と縁切りが作業工程に入っていることを確認しましょう。屋根の塗装はそれなりの金額がかかるものですので、依頼主も理解を深めておくことが大切です。

 

 

 

困ったときは是非お問合わせを!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles