損害保険の鑑定情報の全て丸裸にしていきます

ダイノックシートとは何?その特徴を解説します

ダイノックシートという言葉は、あまり聞きなれない言葉ではないかもしれません。しかし、建築業界においては装飾に欠かせないものとして一般的なものです。ひょっとしたら、ダイノックシートのことを「ビニールクロス」と呼んでしまっているかもしれません。そこで今回は、ダイノックシートの特徴を解説していきます。

装飾には欠かせない存在

ダイノックシートとは、化粧シートの一種です。壁やドアなどに貼るもので、木目調などさまざまな素材に近づけたもので、正式名称を「硬質塩ビタックシート」といいます。ダイノックシートという呼び方は、住友3M社の商品名です。

ダイノックシートを使うことで、木や石などの素材が持つ質感をシートで再現できることから、装飾において欠かせない存在となっています。

特徴はバリエーションが豊富なこと

何といってもバリエーションが豊富であるということが、ダイノックシートの特徴です。また、ほかの壁紙よりも耐久性に優れていることから、あらゆる部位の装飾で使用されます。建築部材だけでなく、自動車にも使用されることがあります。

しかも見る角度によって見え方が変わるなど、リアルな質感を表現することができるのもポイントです。耐候性も高く直接自然界の影響を受ける屋外でも使用できますし、素材が劣化しづらいこともありメンテナンスも簡単です。コストパフォーマンスに優れているのも人気の秘訣となっています。

ダイノックシートとビニールクロスは何が違うのか

ダイノックシートと間違いやすい素材として、ビニールクロスが挙げられます。ビニールクロスは、建物の内部に貼るもので、石膏ボードや合板を下地にしてその上に貼るものです。そのため、下地材の精度によって仕上がりが大きく変化します。

しかし、ダイノックシートはシートそのものの精度がそのまま仕上がりになって現れます。このような特徴を持っているダイノックシートは、家具や机といったインテリアでも活用されています。

ビニールクロスも種類が豊富で施工がしやすく、コストが安いことから住宅の壁紙としてよく使用されますが、ダイノックシートのような質感を出すことは難しく、仕上がりにこだわるのであればダイノックシートを使用することになります。

ダイノックシートの構造はどうなっているのか

では、ダイノックシートはどのような構造をしているのでしょうか。表面の模様のバリエーションは豊富で木目柄・石目柄・レザー柄など好みに合わせて選択できます。手触りも凹凸を出したものから平らで光沢のあるものまでさまざまです。

シートの裏面は10cmおきに線が書かれている剥離紙が貼ってあるのでカットする際の目安として利用できます。この剥離紙を剥がすと0.2mmほどの薄さしかないので、施工のしやすさも特徴です。

水回り専用のダイノックシートもある

それでは用途別のダイノックシートの構造を見てみましょう。

●レギュラータイプ及びフラット壁・天井用
第1層…塩化ビニル(抗菌・防カビ仕様の印刷シート)
第2層…アクリル樹脂(抗菌・防カビ仕様の粘着剤)
第3層…剥離紙

●タイル壁・フラット床用
第1層…塩化ビニル(抗菌・防カビ仕様の印刷シート)
第2層…特殊金属層
第3層…アクリル樹脂(抗菌・防カビ仕様の粘着剤)
第4層…剥離紙

このように、レギュラータイプとフラット壁・天井用の構造に違いはないのですが、タイル壁用・フラット床用には特殊金属層があるのでその分厚みが増します。この特殊金属層を挟み込むことによって、ダイノックシートを貼るタイルの目地・凹凸などに合わせて形をキープしながら密着度を高めることができる仕様となっています。

ちなみに、野外で使用するダイノックシートの耐久年数ですが、垂直面に使用したケースですと3~5年といわれています。傾斜面や水平面に使用した場合の耐久年数は、垂直面よりも短くなるのが一般的です。

ちなみに、ダイノックシートの中には「太陽マーク」がついている製品があります。これは、日光の影響を受けても変色しないことを示すシールですので、屋内で使用する場合でも日光を受ける場所に貼るダイノックシールは、太陽マークがついているものを選ぶと変色のリスクが軽減されます。

ダイノックシートの表面から水分が浸透することはほとんどありません。しかし、シートの境目や下地側から水分が入り込んで接着が甘くなることはあります。そのため、境目には防水処理を十分行ってから施工する必要があります。

ダイノックシートの施工における注意

ダイノックシートを貼る際には、いくつかの注意点があります。まず、重ね貼りについてです。重ね貼りをすることは可能ですが、ダイノックシートの表面に専用の接着剤を塗り、完全に乾燥してから使用しましょう。ただし、重ね貼りをした下地の色が表面の色に影響するリスクは考慮してください。

また、ダイノックシートを施工できる温度の範囲は12~38℃となっています。12度より温度が低い場所で施工すると、粘着力の低下によりシートの膨れや浮きが発生することがあるので注意が必要です。施工場所の温度が低いときは、場所そのものの温度を上げながら、ドライヤーを使ってシートと下地となる素材を温めておきましょう。ただし、高温になりすぎるとシートがやわらかくなり施工しづらくなってしまいます。

一度貼ったダイノックシートのメンテナンス方法は簡単です。汚れが付着したときは、すぐに拭き取れば問題はありません。洗剤を使う場合は中性洗剤か専用のクリーナーを使いますが、強アルカリ性洗剤・強酸性洗剤・シンナーなどの有機溶剤はシートの表面に影響が出る可能性があるので使用しないようにしましょう。洗剤を使ったときは、表面に残った洗浄剤は水を使ってきれいにしましょう。

メンテナンスは簡単ですが、一度貼り付けたダイノックシートは時間の経過によりどんどん剥がしにくくなっていきます。どうしても剥がさなければならない場合は、ダイノックシートに幅20cm間隔で切れ目を入れます。このとき、下地を傷めないように注意しましょう。

そして、ドライヤーでダイノックシートを温めて柔らかくしてから少しずつ剥がしていきます。下地に粘着剤が残ってしまったときは、粘着剤を剥がすためのクリーナーを使用してください。ダイノックシートは粘着しやすいような工夫がされている素材ですので、下地を完全に傷つけないで剥がすことはなかなかの至難の業といえます。

平面部の基本的な施工方法

ここからはダイノックシートの基本的な施工方法を見ていきましょう。まずは平面部の施工方法です。

① ダイノックシートの準備
ダイノックシートの表面や剥離紙にごみやほこりが付着しないような場所を確保し、貼り付け部分を正確に採寸します。念のため、正確な寸法より4~ 5cmほど大きめにダイノックシートを裁断しておきます。

② 下地の確認
下地となる部分をきれいにしておきます。シートを貼りつける前に貼り付ける下地の全体をヘラでなぞりごみ・ほこりを落としておきます。最終チェックは手のひらで全体をなぞり、ごみ・ほこりを完全に除去します。

③ 貼り付け位置の確認
ダイノックシートを下地の上において、おおよその全体の位置を決めます。その後、ダイノックシートの剥離紙の端を10~15cm剥がして折り目をつけておき、少しずつ接着していきます。この際、一気に剥離紙を剥がしてしまうのではなく、少しずつ密着させていって空気が入らないように注意しましょう。もしこの仮止めの時点でサイズが合わないことが分かったときはゆっくり剥がしていきます。

④ 貼り付け
サイズに問題がない場合は、全体にゆがみがないかを確認しながら、剥離紙を最後まで剥がして圧着します。剥離紙は順を追って20~30cmくらいずつ剥がして、ダイノックシートを下方向に引っ張りながら上から下へと圧着していきます。このとき、剥離紙を折り曲げることなく弾力を利用して貼り付けていくと作業が簡単になります。壁面にダイノックシートを貼るときは、床から30cmくらいの高さまで貼った後に余分な剥離紙を切り取ってから床まで貼り付けていきます。

⑤ 再圧着
ダイノックシートの施工において、この工程がポイントとなります。すべてのダイノックシートを貼り終えた後に、貼り残しがないかを確認するために全体を強く圧着していきます。特に上下左右の端の部分は浮きが発生しやすい箇所なので、丁寧に圧着しましょう。このときに大きな気泡ができていることが分かったときは、ダイノックシートを一度部分的に剥がして気泡が入らないように慎重に圧着していきます。また、それほど目立たない小さな気泡の場合は、貼り終えた後にカッターや針で、気泡の中央部に穴を開けて空気を抜くという方法もあります。下地が石膏ボード・ケイカル板・木材の場合は、ダイノックシートを剥がすときに下地の一部が剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。最後に余ったシートをカットして仕上げます。

ドア・扉部の基本的な施工方法

続いて、ドアや扉の部分の基本的な施工方法を見てみましょう。

① 下地処理
下地の表面をきれいにしておくことで、ダイノックシートの粘着度を高めます。塗装をするときと同じく、錆や接着剤の残りなどをサンドペーパーやヤスリなどを使って完全に剥がします。すでに処理が済んでいる場合でも、軽くサンディングしておきましょう。特に、見込面(小口部分)のケースロックの周囲や、ドアの上端•下端の塗装は完全に落としておきましょう。

② 準備
ドアや扉への貼り付け作業の前に、次のことに注意しましょう。まずは、ドアをドア枠に合わせるなど矯正作業はダイノックシートの貼り付け前に終わらせておきましょう。矯正作業が終わった後に、「ドアを吊った状態で作業する」ケースと、「ドアを取り外して作業台で作業する」ケースがあるのですが、ダイノックシートの施工の場合は仕上がりのクオリティを考慮して後者の作業方法をおすすめします。鍵やドアチェーンはあらかじめはずしておきましょう。

③ 貼り付け
ドアの平面部への貼り付けは、「平面部の基本的な施工方法」と同じです。その際、シートを貼り付ける小口の部分までの量を考慮してシートを確保することを忘れないようにしましょう。その小口の貼り付けは最後に行います。ドアの両面にダイノックシートを貼る場合は、小口の部分に両面を巻き込んで重ね貼りします。重ね合わる部分には必ずプライマーを塗布します。巻き込むシートの長さは1~2cmほどです。

目地底で重ね粘りするには

ボード面やパーティションなどにダイノックシートを貼る場合は、目地への収め方がポイントとなります。この場合、ダイノックシート同士を突き合わせて隙間ができないように仕上げなければ、見た目がよくありません。

目地底部分にダイノックシートを重ね合わせて貼るときは、1枚目のシートを目地底の入隅にしっかり押し込んで貼ります。浮きが発生しているときに無理に押し込むとシートが切れてしまうリスクがあるので、シートの端を密着させずに持ち上げながら貼っていきましょう。そして目地底のシートの重ね合わる部分にプライマーを塗布し、2枚目のシートを1枚目と同じく目地底まで貼り込んで余分なシートをカットして仕上げます。

小口部分にのみシートを貼り目地底には貼らない場合は、小口へのシートの貼り付け部分が6mm以下ですと接着強度が確保できないリスクが高くなります。このときはシートが跳ね返ってくる場合があるので、注意しましょう。

ダイノックシートはDIYで貼ることが可能だが…

このようにダイノックシートの施工はDIYでも可能なものですが、仕上がりのクオリティを考慮すると専門業者に頼むという方法も検討しましょう。確かに、ダイノックシートはほかの建材と比較すると扱いやすく施工はしやすいものです。

しかし、範囲が大きくなればなるほどひとりでは完全に空気を入れずに貼り付けることは難しくなりますし、小口や目地底がある場合の重ね貼りには技術が必要となります。

せっかくダイノックシートを使ってきれいにしようと思ったのに、仕上げで失敗してしまっては元の木阿弥です。そのような残念な結果にならないためにも、専門業者に見積を依頼してみてはいかがでしょうか。優良業者であれば、見積は無料の場合がほとんどですので、検討材料としても活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles