損害保険の鑑定情報の全て丸裸にしていきます

アルミの部材は塗装できる?どのように塗装すればよい?

建築部材の中で、あまり塗装のイメージがわかないのがアルミの部材ではないでしょうか。シルバーカラーが主流のアルミの部材ですが、実際のところアルミサッシに汚れが目立ってきたからといって、即塗装をするという考えは浮かばないことでしょう。しかも、そもそもアルミに塗装することは可能なのでしょうか。そこで今回は、アルミも部材の塗装について考えてみたいと思います。

 

そもそもアルミは塗装できるのか

 

以前は、アルミは塗装できないというのが一般的な常識でした。というのも、アルミという素材は非鉄金属と呼ばれるものだからです。塗装については、木と鉄以外の材質は塗料が付着しづらく、DIYで塗装をしようとしてもうまくいきません。つまり、アルミは木でも鉄でもないので塗装ができないと考えられてきました。

 

アルミ製品全般において、塗装をしてもすぐ剥がれてしまうのが常ですので、アルミに塗装は不要という考え方が長く続いていましたが、最近では技術が進みアルミの塗装が可能な塗料も出てきました。アルミ向けの塗料を使えば、アルミの素材に塗装ができるようになったのです。

 

建築部材において、一番身近なアルミ製品といえばアルミサッシでしょう。窓枠として使用されているアルミサッシは、樹脂製や木製のものもありますが、一般的にはアルミでできているものがほとんどです。

 

アルミサッシのメリットは、耐久性が高く丈夫なところですが、やはり長い期間に渡って使用しているとメンテナンスが必要になってきます。かつては、アルミサッシが劣化すると丸ごと取り換えるのが主流でしたが、最近はアルミ用の塗料ができたことから塗装によるメンテナンスを行うケースも増えてきました。

 

アルミサッシの塗装が必要なケース

 

では具体的には、どのような症状がアルミサッシに出てきたら塗装が必要と判断されるのでしょうか。

 

  • アルミサッシ自体が劣化し腐食や錆が発生している

アルミサッシの劣化が進みやすいのは、給湯器のような排気ガスが出るものが近くにある場合です。排気ガスの成分が雨水とくっつくことで硫酸や硝酸が発生し、アルミサッシの腐食が起こるリスクが高くなります。また、窓枠に使用するという状況を考えると、常に自然環境に晒される状態になるので、錆が発生するリスクはつきまとうものです。

 

  • 雨漏りが起こる

アルミサッシの付近から雨水が漏れてくるときは、サッシ周辺のコーキングの劣化が考えられます。

 

  • 塗膜の剝がれやチョーキング現象が起こる

塗膜が剥がれてきたり、塗膜がチョークのように粉状になったりしている状態は、美観を損ねるだけでなく、剥き出しになった素材へのダメージが考えられます。

 

  • 白い斑点ができている

アルミサッシに白い斑点ができているのを見かけた人は少なくないでしょう。この斑点は「酸化皮膜」と呼ばれるもので、アルミが酸素と結びついてできた酸化アルミニウムが招待です。この斑点がアルミの表面を覆うと錆の進行を食い止めてくれるのですが、空気中のほこりや砂でこの斑点が剥がれてしまうことが多く、結果的には腐食につながってしまいます。

 

このような症状が現れたときは、できる限り早くアルミサッシのメンテナンスを行うことをおすすめします。

 

アルミの部材の劣化を放置してしまうと…

 

では、アルミの部材の劣化をそのままにしておくとどうなってしまうのでしょうか。アルミなど合金製の部材は比較的長期間に渡って使えるものですが、一度傷がついてしまうとそこから劣化・錆・侵食が始まってしまいます。

 

実はアルミの部材の内部は無塗装で空洞になっていることが多く、穴が開いてしまうと一気に劣化スピードが速くなります。アルミの部材の劣化が進むと、最終的には物を支えるという役割を果たせなくなり崩れてしまうので、被害が拡大する前に塗装もしくは取り換えが必要になります。

 

詳しくはこちら!!!!

 

アルミフェンスの塗装はどうなっているのか

 

 

では、アルミ製品の塗装について見ていきましょう。まずは、商品として売られているアルミ製品の塗装はどのようになっているのかを考えてみます。

 

  • 一般的なシルバーのアルミの製品

アルミニウムというものは、何も処理しない状態では光沢のあるシルバーです。つるつるの表面をしていて、鉄よりも錆びにくいという特性があります。この無処理の状態のアルミニウムを水溶性の液体に漬け込み電気を流し、表面に酸化被膜というものを作ります。この工程を「電解発色」と呼ぶのですが、このときの液体の種類や電気を流す時間の違いで色が変わってきます。

 

よって、アルミ製品の色の違いは塗装ではなく化学反応によって発色させていることになります。しかも、アルミニウムそのものではなく酸化被膜に色をつけているというわけです。また、最近は新たな方法も開発されました。それは「電解着色」という方法で、酸化被膜の表面に小さな穴をあけてその穴に電気を流すことで着色させる方法です。

 

  • 木目調の模様

木目調のアルミ製品も見かけるようになりましたが、上記の通り酸化被膜に電気で色をつけるような方法ですので、きれいな木目を出すことはできません。実は、アルミ製品の木目の色は単に木目のフィルムを貼り付けてあるだけです。フィルムだとすぐに劣化してしまうように思われがちですが、最近の技術の向上により、フィルムでも耐候性に優れていることから簡単には劣化しない製品が出てきています。

 

このように、アルミ製品にはそもそも塗装がされていないことがわかりました。そのため、塗装によるメンテナンスが行われてこなかったという歴史があります。しかし最近は上述の通りアルミ製品も塗装でメンテナンスを行うことが増えてきました。

 

アルミサッシの塗装方法

 

では、具体的にはどのような方法でアルミ製品に塗装を行うのでしょうか。ここからは、アルミサッシを例にとって具体的な塗装方法を紹介していきます。

 

  • 下地処理

アルミサッシの塗装作業に入る前には、下地処理が必要です。この下地処理をしないまま塗装をすると、すぐに塗装が剥がれてしまうので必ず下地処理を行うことになります。しかも、この作業をどれだけ丁寧に行うかが塗装の仕上がりに直結するので、慎重に行うことが求められます。まず、サッシ以外の部分に塗料がつかないように養生テープなどで保護してからサッシの汚れを落としていきます。このときに、汚れや錆だけでなく古い塗装も完全に落とします。

 

  • 塗装面の準備

汚れや錆、古い塗料をきれいに剥がした後は、下地処理でできた傷を滑らかにしていきます。このときに使うと便利なのが「プラサフ」と呼ばれるものです。これは、プライマーとサフェーサー両方の効果を持つ下塗り材で、アルミサッシの塗装では非常に役立ちます。上塗り材と下地の接着力を上げるだけでなく、下地の表面の凹凸を埋めてくれるので仕上がりが滑らかになります。

 

  • プライマーによる塗り

プラサフで下塗りした後に、さらにプライマーで下塗りを行います。この工程を挟むことで、その後の塗料との密着性を高めて塗装の剥がれを防止します。プライマーの中には防錆効果を持つ製品もあるので、錆が発生しやすい環境にあるアルミサッシの塗装の際には選択肢に入れてみても良いでしょう。

 

  • スプレーによる仕上げ塗装

手軽に仕上げを行う場合は、スプレータイプの塗料を使用します。スプレータイプの塗料は取り扱いが簡単なのですが、かなり遠くまで塗料が飛び散るリスクがあるので、周囲への飛散には十分な注意が必要です。ほかの部材と同様、下塗り・中塗り・上塗りの3段階に分けて塗装するのが一般的ですが、下塗りは③のプライマーを使用し、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。3回塗った塗装が完全に乾いてからコーティング剤を塗って終了です。

 

水性塗料による仕上げもOK

 

スプレータイプの塗料ではなくしっかり塗装をしたいという場合には、水性塗料を使って塗装します。アルミ用の油性塗料も存在しますが、扱いづらいうえに臭いもきついことから、水性塗料を使用することをおすすめします。水性塗料の場合も、下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りを行い、最後にコーティング剤を塗って仕上げます。

 

アルミ部分の塗装はDIYでも可能?

 

このように、木や鉄の素材の塗装よりも手間暇がかかる塗装になってしまうのがアルミの部材の特徴です。しかしながら、DIYに自信のある人にとっては、ホームセンターなどに行って塗料さえ手に入れば何とか自分で塗装ができるのでは?と思うかもしれません。

 

しかしながら、アルミの部材のDIYによる塗装はとても難しいものと考えてください。上述のとおり、まずは下地処理を行うのですが、この下地処理がほかの部材よりも大変なので仕上がりがうまくいかないケースが多々あります。アルミ製品の場合、DIYでは完璧に汚れを落とすことはほぼ不可能といわれていることから、せっかく塗装をしても美観がよくなかったりすぐに剥がれてきたりしてしまいます。

 

家庭用の高圧洗浄機を使うと汚れは落ちるのでは?と思うかもしれませんが、ゴムパッキンや網戸など高圧洗浄によって壊れる恐れのある付属品がついているアルミサッシには高圧洗浄は不向きです。専門業者は、このような高圧洗浄に弱い付属品を持つ製品にも対応できる特殊な高圧洗浄機を持っているので、アルミの部材の塗装をきれいに行えるのです。

 

とはいえ、アルミサッシの塗装は専門業者が施工してもあまり長持ちはしないので、アルミサッシが劣化した場合は取り換えの方がコスト的には良いことが多くなります。

 

アルミフェンス塗装と外壁塗装は何が違うのか

 

ちょっと視点を変えてみましょう。アルミの部材といえばアルミサッシが一番身近ではありますが、アルミフェンスを使用しているご家庭も多いと思います。では、アルミフェンスの塗装も難しいのでしょうか。

 

アルミフェンスは棒状の部材で構成されているものがほとんどです。外壁との違いは、平面1面だけで終わらないということです。棒状の部材を1本1本丁寧に仕上げることになりますし、裏面の塗装も必要になります。塗る順番を間違ってしまうと、何度も塗装を繰り返すことになり仕上がりが凸凹になってしまいます。

 

また、隣家との境界線の上に設置してあるアルミフェンスも多く、他人の敷地に入らなければ塗装できないケースもあります。このような場合は、後々トラブルにつながってしまうこともありますので注意が必要です。

 

アルミの部材の塗装はプロに頼むのが無難

 

このように見てくると、アルミの部材のDIYによる塗装はかなりハードルが高いと考えざるを得ません。そのため、DIYで塗装をしようと思っていた場合でも、プロに頼むという選択肢を加えることをおすすめします。

 

確かに、外壁や屋根などと同様にアルミの部材も経年劣化が起こるものなのでメンテナンスは不可欠です。そのため、まずは塗装がいいのか取り換えがいいのかから検討しましょう。取り換えの場合は、使用できる色に限界が出てしまいますが長持ちさせることができます。

 

逆に塗装の場合は、色こそ自分の好みで選べますがもともと塗装に向かない部材に塗装することになるので長持ちは期待できません。また、上記の通りDIYによる塗装は非常に難しいものです。

 

アルミの塗装を専門業者に依頼すると、その住宅に合わせた色や希望の色に合わせて塗料の組み合わせを教えてくれます。アイアン塗料やウレタン塗料、水性塗料など最適な塗料が何かを教えてもらいながら、色を選んでいきます。また、DIYではほぼ実現不可能な美しい仕上がりが期待できます。

 

とはいえ、業者の選択を失敗するとうまくいかないこともあります。アルミの塗装技術を持たない施工業者に依頼してしまうと、見様見真似の塗装をされてしまい、すぐに塗装が剥がれてしまうことがあるかもしれません。まずは施工業者のホームページでアルミの部位の塗装の実績をしっかり確認することが大切です。

 

まとめると、もともと耐久性の高いアルミの部位もメンテナンスは必要ですが、最近では塗装によるメンテナンスも可能になりました。しかし、専門塗料を使って専門業者に塗装してもらったとしても、外壁などのほかの部位と比較すると長持ちはしないものです。このようなアルミの部位の特性を踏まえた上で、塗装によるメンテナンスか取り換えを選択するかを決めましょう。

 

 

 

様々な質問がたくさん!よくある質問はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles